あらすじ
大元帥としての地位につく涼風は、いつも孤独と戦い続けていた。 誰にも胸の内を話せない涼風は、自らの孤独を慰めるため、寝床で一人、自らを慰めるのだった。