「…………」
「…………」
「静かだ……」
「静かですねっ」
「講座が最終回だって言うのに、他の連中は何やってるんだ?」
「皆さんお忙しい身ですから。仕方ありません」
「しかしだなぁ。折角キズナの番だって言うのに。寂しいだろ」
「私は気にしませんよ? ひーくんが居ますし」
「そ、そうか? まぁ、キズナさえ良ければ、オレは別に……」
「興奮しますか?」
「しません」
「残念です。てっきり、辛抱たまらん! かと思いました」
「オレは巨乳にしか興味が無いからな」
「触れない巨乳と、触れる貧乳では、どっちがいいですか?」
「触れる貧乳です」
「男の子の本能に忠実ですね、さすがひーくんです」
「その質問はずるいだろ……触れる方がいいに決まってるし」
「触りますか?」
「さ、触りません」
「今、一瞬悩みましたね?」
「……何なんだこのやり取り」
「きっと、ゲーム本編でも、幾度と無くされるやり取りだと思いますっ」
「そんな気がする……。で、キズナの自己紹介したほうがいいだろ」
「そうですねぇ……私は美人で、グラマーで、ビッチですっ」
「うんう……いや、どれもこれもキズナには似合わないと思うぞ」
「ではせめて、ビッチだけは死守したいと思います」
「そ、そうか。うん、いいんじゃないかな」
「記憶を失う前のことは、私には分からないですし。可能性はあるかと」
「記憶が戻らないってのはやっぱり不便か?」
「いえ、そんなことはありません。特に不便は感じませんよ」
「そうか……。まぁ、それがキズナらしさ、なのかもな」
「はいっ」
「よし。折角の二人きりだし、このままどこか遊びに―――」
「あ、ここにおられましたかキズナ様。探しましたよ」
「キズナの自己紹介って聞いて、あたしたちが来ないわけないでしょ?」
「もちろんだよ。ね、秋ちゃん?」
「え? あ、はい。そうですね」
「皆さんありがとうございますっ! 凄くうれしいですっ!」
「それじゃキズナ。向こうに皆居るから、行こっか」
「はいですっ」
「あ、あの……オレも居ますよ?」
「秀隆くんの役目はここまでだね」
「ここから先は男子禁制です。お疲れ様でした」
「…………」
「ってことだから。じゃあね~」
「……オレって、いつもこんな感じの扱いなのね……」
「安心しろ秀隆。お前には俺がついている」
「ゆ、裕輔……うう、お前だけはいつもオレのことを見てくれてるんだな……」
「当たり前だ。俺はお前を大切な友だと思っている」
「裕輔……」
「……秀隆」
「裕輔っ!」
「秀隆っ!」
「おぉ……思わぬ展開から、ハッピーエンドですねっ!」
「そ、そうなのかなぁ?」
「あれはハッピーエンドって言うか……バッドエンド?」
「あれも一つの愛の形かも知れません。どう思われますか? 秋様」
「気持ち悪い」
「と言うことで、気持ち悪いことが決定いたしました」
「果たして、ひーくんは可愛い彼女をゲットできるのでしょうかっ」
「絶対無理」