「本日のゲストは、アイドルの水野凛ちゃんでーす!」
「皆さん初めましてっ。水野凛といいます。よろしくお願いしますねっ」
「きゃわゆい! きゃわゆすぎる!」
「ありがとうございますっ。私、精一杯自己紹介させていただきますね」
「裏表の激しいところが、凛さんらしいですよね」
「もうやだ秋ったら、裏表って何のことぉ? 私わかんなぁい」
「そうだぞ秋ちゃん。凛ちゃんには裏なんてないって」
「は、はぁ……」
「そうだよ秋。私に裏なんてないよ? 変なこと言っちゃダメなんだから」
「垂れ込みがあったよ! 凛ちゃんの正体を知る人が、裏の顔を暴露するって!」
「え、えぇ~? そんなの嘘に決まってるよ~」
「だよなあ。でも、とりあえずその垂れ込みを聞いてみようか」
「あの水野凛って子、紛れも無く腹黒アイドルですよ。なんていうか、攻撃的で凶暴な性格ですし、自分が可愛いことを自覚していて他者を見下す傾向にあるといいますか」
「……どっかで聞いたことのある声だな」
「男が単純でバカな生き物だと思ってるから、おっぱいを利用すれば何でも許されると思ってる、とんだおっぱい女なんですよ、はい。許せそうにありません」
具体的な被害にあわれたことは?
「それはもう、幾度と無く。無理難題を押し付けては、前かがみにおっぱいを寄せてみたり、あるいは密着して肘におっぱいを押し付けてきたり。ひどいもんです。正直全く興味ないです」
では、その無理難題はお断りした、と?
「そうしてもよかったんですが、自分は根っからのお人よしな面がありまして。ついつい何故か彼女のお願いを聞いてしまうんですね」
「って感じみたい!」
「あ、あんたあたしを陥れる真似して、楽しいわけ……?」
「だって……先生凛ちゃんのことばっかり見てるし。今のうちに蹴落とさないと」
「使い捨てサブキャラの癖に生意気よね。ヒロインに対する妬みって奴?」
「うわ、ひどい! それひどいよ!」
「そうですよ凛さん。愛佳に謝ってください」
「うう、さすが秋ちゃん。ヒロイン枠だけど、秋ちゃんだけは許して上げるね……」
「でもね愛佳。兄さんなんかを気にかけるのはやめた方がいいよ?」
「え? でも先生って優しいし。かっこいいし……ちょっと抜けてるとこもあるけど、それが可愛いって言うか……もじもじ」
「面白くない冗談だね」
「え、えぇ……? 冗談言った覚えは……」
「ってか、なんか色々脱線しすぎてあたしの自己紹介出来てないじゃない!」
「まぁまぁ落ち着いて。いつものことだしいいじゃん?」
「よくない! まだまだあたしの魅力を伝える必要があるって!」
「それじゃ、次回は魅力溢れる希望ちゃんの出番だね。ばいば~い!」
「いきなり出てきて勝手に締めくくるな! 絶対妨害してやる!」